穴窯2001年

2001年6月3日の窯出しです

窯焼き 最終日 息子と

五月 窯焼き最終日です。              
まわりに積んでいた薪も、少なくなりました。    
1200度以上を30時間焼き続けて        、
ちょっと、ほっとしたところです。            
あとは、火を止めるタイミングに、決断が必要です。

この、火を止めるときの判断は、中の作品が、おきに  
どのくらい埋もれているか、作品の肌にある光る筋(灰が
溶けて流れたあと)の案配、それから、自分の肌に感じる
窯の中からの熱気などなどです。              






中を覗く
窯出しの日。戸口を少しだけ開けて、中を見てもらっています。
薪で焼く窯は、窯の戸口を開けて、作品を出す前に、
火を止めて、10日以上経ってから、戸口の一部を、ほんの少しだけ開けて、
それで、一昼夜そうしておいて、作品を外気にならします。




中を覗く Sさん


窯の中
戸口を開けて、覗いた様子です。
覗いて、いいなあと思っても、出してみると、
割れていたり、裏が思わしくなかったり
することがあります。
焚き口n周り
最後にくべた薪の上に、引っ張り出してのせた茶碗が
二つ見えます。
これは、お茶もおいしくて、最高のできでした。
この、焚き口のまわりに置いた作品に、
特に、情熱を注ぎます。




手にして
   当、 呼福窯では、
   窯から出すときにご招待させて頂いたお客様には、
   まだ暖かい物を、手にしてもらいます。
   
   そして、軽く濯いだだけのお茶碗で、いっぷく
   召し上がっていただきます。














良い色です        大作 OK

どちらも、焚き口のまわりの作品です。
感動の時です。
これらの作品は、釉薬をかけないで、素焼きもしないで、
粘土で作った物をそのままで焼きます。
見えている模様は、自然の力によって出来た物です。






リーガロイヤルホテル




後日、某デパート画廊で個展。

K..Hさんご夫妻によるホテルにての祝賀会。














皆様、本当に有り難うございました。